親は、子どもを個と認めること

目に見えない事は、測りようがないし比べようがない、だから全て胡散臭い、と言った人がいます。
その人の中に、ものさしが備わっていないから分からないそうです。

そりゃそうだね。

防衛本能として、疑ってみるのは大事なことです。
私も基本的に石橋を叩き割るくらいに慎重なので、気持ちはとても分かります。

ただね、その考えはあなたのもの。
あなたの基準で胡散臭い認定は構わないけども、他の人に同調を求めるのは何故?

そうよね〜胡散臭いわよね〜と仲良しこよしして、槍玉に上げてきゃっきゃしたいんですかね?

そうしないと自分の考えに自信が持てない、寂しがり屋さんなんですかね?

客観的意見を求められた時には、私はこう思いますと言うだけでいいんです。

だからあなたもこうすればいい、などという提案は、ほとんどの場合不要です。

相手の考える機会や時間を奪う行為に繋がっていると、気付けない残念な人だなと思います。

ここで、そうだよねーって思った人の中にも、実は子どもには同じことをやってしまっている人がいる筈。

うちの子が小さい時の私がそうでした。
お母さんの言うことを聞いていれば、間違いないのよってオーラを出していたと思います。

それね、子どもをコントロールしたいだけなんですよ。
そんな風に思っていなくても、そうなんです。

結果、子どもは必ず聞いてきますよ、こうしたいけど良いかな?って。
これ、母に意見を求めているのではなく、許可申請なんです。

小さい頃から癖付けを施したんです。
これは大変なんですよー、自信が持てない子に育てているから。

早い段階で気付けたので、言葉遣いと子どもの意見を引き出す話し方を心がけてきました。
今もまだ継続中です。
多分、施した期間の倍以上はかかりそうです。
生まれた時からの癖付けなので。根深いですよ。

言葉の会話が成り立たない小さな子どもの時から、この癖付けは始まります。

子は個だと認めることが、親になることだなと思います。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【自分の命式から季節の養生を考えよう】

生年月日と出生時刻から出す命式表を使って、基本体質から季節に合わせた暮らし方を考えるワークショップです。
食についてのワンポイントアドバイス付き。

8月〜10月は秋から冬の乾燥対策、または冷えとのぼせについてです。

【乾燥対策】
・空気が乾燥するとのどが辛い
・気温の変化についていけない
・カサカサ肌、唇の荒れ、パサパサ髪を何とかしたい

【冷えとのぼせ】
・手足の先が冷える
・暖房で顔がほてる
・寒さで肩こりが出る

ワークショップはこんな人にオススメ!
・特定の季節に決まった症状が出る人
・病院に行くほどでもないけど調子が良くない人
・食べる事が好きな人

所要時間は1時間30分、参加費はおひとり4000円です。
3名以上で出張費用無料(神戸〜梅田近辺まで・ご相談ください)。

内容的に、5名前後でこじんまりするのが分かりやすそうです。
お友達グループでリクエストにお応えしますので、お問い合わせくださいね。2〜3名より開催致します。

お問い合わせはこちらよりお願いします。
題名に「ワークショップについて」と書いてくださいね。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。