子どもが泣き叫んでいる時は親も泣いていいやろ

気が付いてからでも5分は経っていたんだけど、外からちっちゃい子の泣き叫ぶ声が聞こえていた。

聞き取りにくいけど、どうやら何かできないことがあって、でも諦められなくて悔しくて……ってことみたい。

子どもの声だけしか聞こえてなかったのが、お母さんらしき声も聞こえ始めて。

「できないものはできないからね」

って、諭している。
穏やかな言葉なんだけど、外に聞こえるってことは語気は強いんだよね。

「だからっ!できるの!できないじゃないの!」

「できないよ」

「できないないの!」わーん!

ずっとこの繰り返し。これはお母さん、しんどいやろなぁ。

途中で触らないでって拒否する子どもの声も聞こえたから、お母さん手出しできないっぽい。
声だけなので、本当にできないことかどうかはこちらには分からない。

できると信じてがんばっていても、どう見てもできそうにないこともある。

小さい子の、そのがんばりは成長過程で大事だけど、誰かが少し手伝ってできるなら、子どもは助けてもらうことも有益だと知るだろう。

でも、助けてもらうことでしかできない自分を知ったなら、悔しくて悲しむかもしれない。

そんな子どもの様子を見ながら、親はその時にどう打ち手を出すかをほぼ瞬間で判断する事も多い。
手を出す出さない両方とも、匙加減が微妙なものだし。

大概のことは放っておいても何とかなる。
親ではない別の人がいい場合もあるし。

泣き叫ぶ声を気にしなくていい。
そう言われても、ご近所迷惑じゃないかとか、虐待だと思われたらとか、思うことは色々あると思うけど。

まあそれは、親視点だから。

子どもが何故そこまでの状態になっているかにフォーカスすれば、世間のことは気にしなくていいもので。

これ、おとなの社会にも当てはまることあるよね。

その後、その子の泣く声はピタリと止みました。
気付いてから10分程度。
親にとっては途轍もなく長い時間に感じると思う。
イヤイヤ期なら、これが1日何度となくあれば辛くも感じる事だろう。
うちも、泣きはしなくとも岩のように動かないことがあったので。

ブームみたいなもんだから。
永遠に続きそうに思っていても、振り返ってみれば本当に一時のこと。
過ぎると何であんなに長く感じたのかと不思議な時期で。

そして更に不思議と、子どもに必要な時期だったのだと分かるのです。

天雷无妄(てんらいむぼう)
成り行きに任せる

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。