結婚して夫婦になるってことは

‪結婚したから見えてくることが、自分にも相手にも必ずある。
それは好ましいことだけとは限らない。
当然、嫌なこと・許せないことが目立ってくる。

いろんなことを話し合って、お互いを尊重し譲れる関係を作っていけるのが理想だけど、夫婦駆け出しの頃はそうもいかないことも多い。‬

しかし。
夫と私は結婚して17年を超えたが、10年くらいを過ぎておもしろいことに気が付いた。

私と母が一緒に住んでいた年月は、その時私達が夫婦になってより倍以上の長さ。

かつて私と母は口を開けば異口同音、テンポも間合いまでも同じ様に言葉を口にすることが多かった。
一卵性親子かと突っ込まれるほどのシンクロ率。

それが、嫁に出て段々とズレが生じてきた。

その頃から、夫とのシンクロがよく起こる様になっていき。

ああ、同じ釜の飯を食うとはこういうことかと、妙に納得した。
故事ことわざの本来の意味合いとは少し違うかもしれないけど、そういうことなんだなと。

このテンポや間合いという波長が少しずつ合ってくることが、夫婦なのかなと感じた訳で。

こういうことが起こり出すと、結婚して良かったって思えるくらい、相手へ注げる愛情を感じる。

相手から何を受け取り、何を渡せるか。

嫌なこと・辛いこと・許せないことたくさんあっても、それよりもっと嬉しいこと・楽しいこと・愛しいことを見つけていくことに幸せを感じるのが、結婚するということなんじゃないかなと思う。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【占い師が7回のお見合いを経て恋愛結婚した占い処・ひきだし亭です】

故にあんなネタもこんなネタも持っていますよ。
セッションで聞きたいぞという方はお問い合わせくださいませ。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。