春のお彼岸にあの和菓子

春のお彼岸になると思い出すお菓子があります。

関西にしかないそうですが、青海苔をまぶしたぼた餅です。

まだ占いの師匠の元に通っていた頃。
姉弟子が3月の勉強会の日に、三色のぼた餅をたくさん作って持ってきてくれました。

一般的な小豆餡のもの。
ご飯を半分ついた中に餡を包みきな粉をまぶしたもの。
そしてきな粉の代わりに青海苔をまぶしたもの。

秋の彼岸の9月には、小豆ときな粉のおはぎが2種類だけ。
その訳は、青海苔の緑が春の芽吹きの様だから、と言っていました。

確かに、青々とした海苔のぼた餅があると、華やいだ春の雰囲気だなぁと思ったものです。

何時間か集中して勉強していて、ホッと一息の休憩に甘いぼた餅を頂くと、ほっこりしてまた勉強への意欲が湧きました。

姉弟子は勉強が好きで続けていた方なので、占い師として仕事はされていませんが、ひとまわり以上年が上だったこともあり、いろんな知識を教わりました。

昔ながらの和菓子屋さんには、青海苔のぼた餅がある所にはありますが、近畿内でも随分見かけなくなった気がします。

それでも、春のお彼岸が巡ってくる度、師匠がニコニコしながら姉弟子の三色ぼた餅を頬張っていた姿と、勉強会の日の様子を思い浮かべ懐かしくなります。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【現状を把握して未来を創るお手伝いができる占い処・ひきだし亭です】

え?占いって当たるものじゃないの?なんて気になった方はお問い合わせくださいませ。

すぐにでもという方は、こちらのご予約フォーム

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。