転ばぬ先の杖を持つか持たないか

やりたい事をやるのに、早い遅いは考えなくていいと思う。 

ただ、善は急げとは言うけども、今そのタイミングでやるとどうなりやすいか知っているのと知らないのとでは、覚悟の仕方は違うかもしれんよね。 

そういう時の占いなんですわ〜。 
現状確認に占いをするのは、ほんまオススメなんです。 

勢いに任せて突っ走ることで、波に乗って揚々と進める場合もあれば、つまずいて立ち止まりながら或いは軌道修正しながら進まなくちゃいけない場合もある。 

占って、このまま進んで良しと出たなら自信になる。 行く先には困難があると出たなら、覚悟ができ対処を考えられる。 

困難があると分かってて、体当たりで挑む?回避できるならその方法を考えるでしょ。 

だから占いは当たるかどうかを見るもんじゃないんよね。自分の行動を決めるためのツールのひとつ。 

ちなみに占いに依存するタイプの人は、困難があると出た時に行動を起こすのを止める人が多い。それも自分で決めたことならその時は納得なのかもしれんけど、やっぱりやっておけばよかったと後悔するのもこのタイプ。 
タラレバをよく思う人は何かに依存するクセがあるから、決めるのは自分だというのは忘れないでほしい。 

大事なことは、やりたい気持ちと行動なんやから。

行動してこそ、欲しいものが掴めるんやから。

投稿者について

山紫sanshi