まもなくの長さ

「まもなく到着いたします」

 
女性車掌さんの柔らかな声でアナウンスがありました。

それを聞いていた4〜5歳の男の子が、おばあちゃんを見上げて尋ねました。

 

「まもなくって、どのくらい?」

 

おばあちゃんは、優しく答えはりました。

 

「そうねぇ、おばあちゃんはもう少しだと思うけど、あなたには長いかもねぇ」

 

男の子はふーんと言って、窓の外を眺めました。

程なくして、電車が駅に着きました。

 

「そんなに長くもなかったよ」

 

男の子がおばあちゃんに言いました。

あらそう?と、おばあちゃん。

なんだか嬉しそうでした。

 

そのやり取りを隣りで聞いていて、2人の時間の流れ方が素敵やなぁと思った訳です。

何でか?

 

時間の流れは本当に人それぞれで、その表現の仕方で誰かのスピードを正確に感じ取ることはほぼ無理です。

お孫さんにどのくらいと聞かれて、戸惑わずにご自分と相手の違いをさらりと返す。

なかなかできないと思ったんですわ。

私だったら、さあどうかな?ってすっとぼけるのが関の山だったと思うのです。

 

相手と自分の立場それぞれを認めているように感じた、同じ目線のやり取りに感じて、心がほっこりしました。

投稿者について

山紫sanshi