親切とお節介のボーダーライン

図太く見えても、傷ついていない訳じゃない。 

イヤなことをされても受け流している人は、強く見られたり図太く見られたりするやん。

 

でもさ、最初からそうできている人は稀やと思うんよね。

自分の心を守るために、そこへ行き着いたんと違うかな。

 

小学生の高学年で仲間はずれを経験してるのね、私。元々1人でいることは苦にはならないタイプやったけど、なんとも思わなかった訳じゃなく。

 

状況によっては平気な時も辛い時もあって、それでもいつも平気な様に思われたみたいで、担任にまで無視された。

さすがにクラスで話し合って決めるグループ分けで入れないでいる私を放置された時は、クラスで要らない子なんやなぁと悲しくなったけど。

 

それでも当時の私は、自分で作ってしまった自分像の招いた結果なのかなと、平気なふりをして心のバランスを保とうとしていたのは覚えてるねん。

 

そういう事が積み重なると、自分でも強くなったと勘違いするんよ。

でもね、やっぱり傷付いてるねん。

 

だからかなぁ、1人でいる人に声をかけたくなる。

あなたが今1人でいるのは、本当に1人でいたいからなの?って、聞きたくなる。

 

もしかすると、お節介かもしれない。

それでも。

一緒にどうですかと、一度は声かけをする様にしている。

 

その時に断ったとしても、声をかけられた事で自分の心の状態に気付く人がいるかもしれんから。

投稿者について

山紫sanshi