カレンダーと手帳の合わせ技

2017年も早1ヶ月が過ぎました。先週末は旧正月、今週は節分を経て立春を迎え丁酉歳となります。

四柱推命を使う身としては、いよいよ新しい年が来るぞという感じ。

 

とはいえ、節気でパチっと気が変わる訳ではなく、前兆があってなだらかに変化していくものなので、もう丁酉歳の兆しを感じている方もいらっしゃるのではないかなぁ。

さてさて、昨年11月にお願いして開催してもらった手帳コーチ・森淑子さんの手帳お茶会

 

ここ数年、手帳アプリだけで過ごしてきたけど、家族の行動範囲が広がる事でそれぞれの予定が把握しにくくなり困っていた我が家に、淑ちゃんのアドバイスを取り入れ手帳とカレンダーをリンクさせたんです。

1ヶ月が経ち、見事に生活にマッチしております!
個人の予定と家族としての予定は壁掛けカレンダーにそれぞれで記入してもらい、それを自分の手帳に必要分だけ書き写して把握。

 

手帳には、付箋を使って重要度が分かるようにしたりと工夫もして。

 

忘れっぽいことや特に大事なことは手帳アプリも併用しています。

 

この調子で続けていけそうで、嬉しい!もう手帳を使うのはちょっと諦めてたから、余計に嬉しい。

 

節が変わる前に始めたのも良かったなぁ。リズムが掴めて、あとは継続です。

 

手帳コーチ・淑ちゃんのブログはこちら

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。