話し言葉と書き言葉、どっちも出どころは自分

「ブログで言葉汚く書いてたり、SNSで平気で攻撃的な言葉使ってて、実際に会ったらいい人っていわれるのも、見方を変えたら二面性のある人と言えるもんね」

友達のFacebook記事の感想として書き込んだ文章です。

 

実際に会える人なら、文章から得るイメージが自分の幻想で思い込みやと分かるけど。

会うこともない人なら、文章が全てなんよね。

 

その人が、どう思われようとその文章でいいと思って書いているんやから、こちらがどう思おうがその人の知った事じゃない訳で。

 

ところで私は、できるだけ喋り言葉で書きたいと思ってるんやけど、方言は読みにくさもあるから、そこは意識している。

私は私の素のままを文章にできたらええなぁと、いつも思ってます。

 

伝えるってのも、奥深いものやね。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。