足るを知る

四柱推命を勉強し始めた頃、まずは自分の命式(生年月日時を干支にした占断に使う表)を分析して読み込んでいました。第一印象は、なんて偏りのある命式なんや、と。

 

五行(木火土金水の5つの元素)のバランスが取れているのが良いと思い込んでいたので、全くないものがあるということに残念な気持ちと、ある人に対する羨ましさがあったのを覚えています。

 

良い悪いなんて無いんですよ、その時は間違った感覚を持っていたからね。

 

先生からは「無いものは無い、あるものを活かすんや」と言われました。

 

そうなんよね、無いものを足せる訳ないんです。

だって、生年月日変えられへんし。

 

足るを知る。

 

これは、あるものだけで満足しなさいというものではなく、無いものばかり追いかけててもあかんのとちゃうか?ってことかなと思います。

要は、あるものを活かしもせんうちに、無いことを嘆くなってこと。

 

まずは、自分が何を持ってて、それがどんな強みになるかを考えてからやなぁと思います。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。