易の結果の凄さ

新学期が始まり、子どもが通う学校では早速PTA学級役員の選出がありました。
持ち帰ったクラス名簿から、2人選んで用紙に書き提出するんやけど、入学したばかりで誰がどんな人かも分からんままに選ぶって。いやー無いわーって思って、抗議の意味で無記名で出すかなと思っていたんです。

そこへ友人が、易占タロット引いて出た番号で選べば?と。

私、占い師ですけど、その感覚がなかったんですね〜。長年、命占の四柱推命を主にやってきた癖です。

で、早速引いてみたんです。
するとね。驚きの結果が出たんですよ!

これがその結果。
数字は10と15。易占タロットは64枚、クラスの人数は41人なので、当てはまりました。

注目すべきは、ここの部分。

卦といいます。
直線が陽を、破線が陰を表し、陽は男で陰は女を意味します。
でね、10と15の両方とも下から3本目が他の場所と違う線なの、分かる?
この位置は、6本全部を人の形とした時に股の位置になるんですよ。
つまり、言いたいこと分かります?(笑)
実際、名簿と照らし合わせたら、男の子と女の子選んでいました。
こういうところ、卜占といわれる易の結果の凄いところなんですよね〜!

花びら1枚ずつちぎって好き・嫌い・好きってするアレも占いで、卜占のひとつ。
もっと言えば、「どちらにしようかな天の神様の言うとおり」っていうのも、卜占になります。
そう、神様の言うとおりなんよね。

自分のことにも、もっともっと易占タロット引いていこうと思った出来事でした。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。