話し掛けられやすさを作り出そう

「わたし、コミュ障だからぁ〜」って前置きをする人、よく見かけます。

自分がコミュ障だと言っておいたら、空気が読めなくても相手は許してくれるやろ?なのか、先に言ったから配慮してくれないあなたが悪い、なのかは知らんけど。

そもそも、まずこういう風に言う時点で、人の話を聞く気は無いと宣言しているんやなと解釈します。

コミュ障をただのコミュニケーションの下手な人という意味で使っているなら、やめた方がいいね。

コミュニケーション下手をアピールして、得られるものは少ないです。
むしろ減ります。未来の友達や、援助や、応援などが。

会話というコミュニケーションを指すことが主でしょうけども、自分の言いたいことだけを話すことで、会話が成立すると思う?

自分が話してどんな時に満足を得るか、ちょっと想像すれば分かる筈。

相手が話を聞いてくれた時とちゃうかな?

話す→聞く(受け取る)・応える→聞く(受け取る)

これがループするのが会話。

それを意識していれば、だんだんと慣れていきます。
会話は慣れやで。

新しい環境で、新しい人との関係を築いていきたいけど、取っ掛かりがよく分からなくて困っているなら。

まずは鏡を見てみて。
緊張で怖い顔になってない?
話しかけようと思っても、ガチガチな人には声はかけ辛いもんです。
ちょっとゆるめる為に、大きく息を吸って吐いてみて。
息を吐いたら、力ってスッと抜けるもんやで。

試してみてな。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。