好きは感性、嫌いは理屈

嫌いなこと・嫌いなモノを聞かれた時に、その理由を述べるのは割と楽にできると思うんよ。

嫌いって、いっぱい理由とか言い訳がくっついているもんやから。

それが好きになると、理由が後付けの事が多いと思うんよね。

嫌いを克服して好きになるのとは、根本的に違うところ。
ほんまに好きって、感性や感覚が捉えるもんなんやもん。

ピンときた、とか。
ビビビッてなった、とか。

説明になってないけど、それで通してしまえるくらいの、好き。
理由要らないんよね、好きには。

生きているうちに、どれだけ理由がない好きに出会えるか。

出会えるような、感性を研ぎ澄ます生き方をしたいもんやね。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。