ケを丁寧に過ごす

特別というものに、良いや悪いはない方がいい。
ただ、普通があるから特別がある。

ハレとケという日本伝統の世界観は、まさにそれ。

ハレは特別な日。
冠婚葬祭が代表的(お葬式については、意見が分かれているんだけども)。

対してケは、現代日本でどれだけ正しく答えられる人がいるだろう。

ケは、日常なんよね。

日常って、いつもの・普通の日だから、当たり前にあるもので忘れがちになるんよね。

平和が続くとそれが日常となって、当たり前って思うようになると有難みが薄くなってくるんよね。

有難みって本来、滅多にないことへの感謝の意味。
日常に感謝を忘れないことって、大事なんちゃうかな。

だから日常はできるだけ、質の良いものでありたい。
ハレの日をもっと特別な日にするために。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。