山紫のひきだし(ブログ)

空気の入れ換え

空気を読む、というのは日本の文化のように言われる。 茶道はそれが極まった形だと理解している(正式には習ったことはないけど)。 客(相手)をもてなすための心を尽くす。 そして客(相手)はその心を汲む。 しかし、ですよ。 何 …

もっと見る

バイタリティが溢れたら

「お嬢さんは、非常にバイタリティの満ち溢れるお子さんですね」 今でも尊敬してやまない、小学3年生の時の担任だった内田先生が、個人懇談で私の母に言ってくださった言葉。 母からそのままを聞いた私はもちろん、母も「バイタリティ …

もっと見る

会話が弾む条件

会話の熱量は綱引きに似ている。 片方がオーバーヒート気味に喋っていたら、聞く方は引き気味。 足して100%になる感じ。 だから、同等で話せる相手とが、一番会話が弾むのだと思う。 知識のレベルが同じくらい。 お互いが、話し …

もっと見る

腹をくくればやる人になる

セッションに来られる方には、あるある話な事がいくつかあります。 そのうちのひとつが、必殺・見て見ないふり。 ご本人の口から今後の課題が出ているのに、自覚していらっしゃらないのを指摘したら、「何の事?へ?」みたいな反応が。 …

もっと見る

心遣いができるように

良かれと思ってすることが、相手の迷惑になるとかよくある話ですが。 聞かなくてもやってくれりゃいいと思う人に限って、なんで聞いてくれなかったと言うもんです。 不粋だと思われても、世話は焼かない方が相手のためになる時も多々あ …

もっと見る