子は個、親は応援する者

うちの子はできないって言っているお母さんを見ていると、常にできる子と比べてはるのです。

自分の子どもだけ見てたらええのに。

昨日より1週間前より1年前より、今日の方が確実に育っていますよ。

そこを子どもにフィードバックしていたら、大体の事に自信持って勝手に何かやって、もっといろんな事ができるようになっていきます。

心配するところは命に関わる部分だけでええねんな〜って、思えるようになるとかなり楽になります。

大丈夫かな?って常々思うけど、すぐ大丈夫やろ!になるのは、子どもへの信頼ができているなと思うのです。

子どもの成長だけを見ていると、自分自身がどれほど学び成長しているかを見失う事もあり。

子どもが至らないと思った時に振り返るべきは、自分が子どもへしっかりと信頼する姿勢を示しているかかなぁと、つくづく思います。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。