感じたことを言葉にする大切さ

自分の感情を言語化することって、日ごろからの積み重ねによるなぁと思います。

表現方法はいろいろあるけれど、言葉にすることを心がけていると、その言葉の選択が適切だったかどうかが掴めてくる。

感覚と言語の間で感情を形作っていくのかな、と。

四季がある国で暮らす日本人には、空気を読む力は他の地域に住む人よりも長けていると聞いたことがあります。

移り変わる季節の気に合わせ、生活を合わせるからだとか。

ここから、相手が寒いと思っている様だとか、喉が渇いていそうだとか、慮る(おもんぱかる)のですね。

そうして気配り・配慮という感覚が研ぎ澄まされ、個から全体の場の空気を読む力が養われてきたのだと思います。

画一的な集団教育では、皆と同じことをしていればいい側面があり、そりゃあ大して空気を読む必要がなくなって、できなくなっていっても当たり前だなぁと思ったことがあります。
それが全ての原因ではないでしょうが。

では、気付き察する力とそれを言葉にする力の両方を養い、育むためには何をするのが大事?

自分自身については、感じること、視点を変えて見ることや考えること、シミュレーションしてみることなどが思い付きます。
相手なら、やはり待つことでしょうか。
どちらにも言えるのは、信じることかもしれません。

ただし。
感情を言語化して、それを全て外へ出すのはまた違います。

そこも引っくるめて、空気を読むには訓練が必要なのでしょうね。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【来年の準備、しませんか?】

ひきだし亭では、来年戊戌(つちのえいぬ)歳の全体運と8つの項目に分けた運勢を易占タロットカードで占い、分かりやすく記したシートにしてお届けいたします。

・健康or災難or目下
・家庭or古い問題or故郷
・仕事or営業か成績or発展
・結婚or旅行or人間関係
・目上or上司or収入についての金運
・恋愛orレジャーor支出についての金運
・不動産or貯蓄or親戚
・試験or出世or離別
各項目からひとつ選んで頂きます。

価格は5000円。
20名さま限定。
メルマガご登録の方から先行予約受け付けまして、残り10名さまとなりました。
本日11月18日よりご予約フォームを全公開にいたします。

お届けは12月中旬頃からお申し込み順になります。

易占タロットカードでの年間占いは方位盤スプレッドを使うので、その性質上来たる歳の2月までに占うのが適していると考えています。
是非お早めにお申し込みくださいませ。

いつ発行かまだ定まっていないメルマガですが、こんな風に先行予約のお知らせが(たまに)あります。

ご登録はこちら

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。