色は時に助っ人になる

和の色とその名前は見ているだけで幸せになる。
和の色辞典という本には、実に千色以上の名前が掲載され、どれもに由来や登場した文学作品の解説がついている。
これだけの数は世界でも少ないそう。

四季があり、移ろう季節の情景や生活から切り取られた色。

鮮やかなものから地味なものまで、色の名前を聞くだけで想像できるものから、色を見て初めて知るものの名前まで。

ところで。
四柱推命は陰陽五行と密接にあるけれど、五行にも色が割り当てられている。

命式が五行のどれかに偏っている場合、色を取り入れて調節が可能な場合がある。

たとえば、木の生まれだけど水が多い命の場合、冬は黒っぽいものを避けたいとか。
木の生まれでも土が多い命なら、冬は青や赤などをうまく取り入れたいとか。

一概に、この場合はこうだというパターン化は少々難しいけれども、命が季節でバランスを崩す場合、色でも補う事ができるので知っていると便利。

その時に、和の色は微調整が容易にできるほどバリエーションがある。
ただ、それがあまり製品化されていないから、取り入れるには少々探さなければならない。

何気なく手に取った色味にひかれる時、もしかするとその色が五行バランスを整えてくれるかもしれない。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【来年の準備、しませんか?】

ひきだし亭では、来年戊戌(つちのえいぬ)歳の全体運と8つの項目に分けた運勢を易占タロットカードで占い、分かりやすく記したシートにしてお届けいたします。

・健康or災難or目下
・家庭or古い問題or故郷
・仕事or営業か成績or発展
・結婚or旅行or人間関係
・目上or上司or収入についての金運
・恋愛orレジャーor支出についての金運
・不動産or貯蓄or親戚
・試験or出世or離別
各項目からひとつ選んで頂きます。

価格は5000円。
20名さま限定。
メルマガご登録の方から先行予約受け付けまして、残り8名さまとなりました。
ご予約フォームからお申し込みを受け付けております。

お届けは12月中旬頃からお申し込み順になります。

易占タロットカードでの年間占いは方位盤スプレッドを使うので、その性質上来たる歳の2月までに占うのが適していると考えています。
是非お早めにお申し込みくださいませ。

いつ発行かまだ定まっていないメルマガですが、こんな風に先行予約のお知らせが(たまに)あります。

ご登録はこちら

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。