心配してもええけど、未来は自分で決めるもんやで

ある探し物をしていたら、思いがけないものが出てきた。

92年4月と記した、友人へ宛てる手紙の下書き。

ちょうど25年前やないの!
少し読んで思い出した。これ、結局出さなかったんだっけ。

今も親しくしているその友人へ宛てる形で、心配事を吐き出したんやった。

勇気を出して全部読み切ると、お尻からモゾモゾする青い文章やったんで、しこたまゴロンゴロンしましたけども。
今の私がその時の私へ、声をかけてやりたいと思った部分があったんよ。

25年前の私。

未来は何が起こるか、全部は分からないよ。それはプロの占い師になっても変わらない。

でもなー、どんな人とどこで出会うか。それは自分で決めて選択していけるもんやと、この25年でとてもよく分かったんよ。

出会った人と何をするかも決められるし、その人から何を受け取って何を活かすかも、決められるのは自分やったわ。

不安な気持ちを持っていても大丈夫やったよ。

だから、とにかく自分を信じていればいいよ!

と、青い文章に大きく影響を受けて伝えてやりたい。

結婚なんかできへんやろ、とか。
子どもキライやし、産めるか分からんし、育てるなんて出来んかもしれんし、とか。

そんな事は成るように成る話なんやで、と。
お見合い続きで疲れてた私に、伝えてやりたいなぁ。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。