学べる時に学んどこ

ただいま四柱推命での疾病鑑定強化の為、とある勉強会に参加しているのですが。
人間ってよくできてるなぁと、改めて思うことがありました。

理論としては当然だけど、日常の中から具体例を上げてもらった時に、「ああ、あの状態ってそういうことから身を守ってたのか!」と腑に落ちること落ちること。

人間のからだは神秘やで、ほんま。

つい最近、算数や数学で習う単元ってどんな職種の何に役立つのか?という表を見たんですよ。

その時も感じたけど、勉強していてもそれがどう生活に結びつくのかを理解できていたら、より学ぼうと思えるし役立てようと思える。

おとなになってから、コレをしたいけど何を学べばいいか?と調べたら、意外なところへたどり着くわりに、なんや学生の時にやった気がするなとなることがあったり。

なので、やはり勉強できる環境にいる時期は、できるだけ励んでおくと後で楽やな〜と思う訳です。

大抵その時期には気付かないことが多いんですけどね。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。