手抜きは基礎があってこそできるのだ

基本を知らずに応用を教える教室に入ると、応用されたものしか習わない。
だから自分がそこから応用すると、出来上がるものは全くの新ジャンルになることは多い。

本気で極めたい事なら、基本から学ばないととんでもない事になる。

私の料理がそれ。(ここ、笑うところですよ)

結婚が決まった時に、学校で習った家庭科では心許ない、やはり基本を覚え直そうと思いましてね。

公民館で主婦のための料理教室の募集をやってたので、友人と3人で受講したんですよ。
そこは主婦がマンネリ化した食卓を変えようと、レパートリーを増やすための教室だったんですな〜。

ワタクシ達、花嫁修業教室と勘違いしてたのね。

講師の方に、包丁の使い方から習えると思っていたと伝えたら、なんとびっくりなことを言われました。

「応用から学べば、基本もそのうち分かるから」

あとで分かったのですが、この方法だと基本の習得が結局曖昧な独自解釈になり、普遍の基礎基本は理解できないんですよね。

基礎基本は言わば、扇の要。応用は基礎あってこそ広がるんですよ。

こういうことを言う講師は、基礎を理解していない可能性がありますし、軽んじているので応用とは言えないただの違うものを教えている可能性もあります。

料理でいえば、栄養のことを無視した調理法とか、見栄え重視の料理を教えられるってことです。
たまにならそれもいいのだけども、それしか知らなかったら困りますよね。

手を抜くにしても、抜いてはいけないものが基礎ですから、理解していなければ手を抜けないんですよ。
だからさらなる応用ができない、よってそこからの広がりは進みにくいのです。

何で小・中学校の勉強が要るのかというのにも共通すると思うのですが、基礎基本からステップアップした先に応用があるという考え方こそが基本だと知っておきたいですね。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【名古屋・9月23日(土)14時〜17時】
JR名古屋駅周辺にて、セッション受け付け致します。
私用で行くので、交通費は頂きません。

お近くのお知り合いの方へご紹介頂けますと嬉しいです。
お問い合わせくださいませ。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。