会話の相手と、自分を尊重する

好き嫌いをはっきり出すようにしているが、あえて嫌いという言葉遣いをする事は避けている。

自分が嫌いでも、誰かは好きやろ?

「私は好きだけどあなたは嫌いなのね」というニュートラルな受け止め方をする人は、やはり少ないもんやから。

嫌いなものは嫌いだし、しんどいことは避ける。ただ、周りにも自分なりの配慮を、できる範囲で心掛けている。
それを、好きなことだけしか表さないのは良い子ぶっている風に言われることもある。

無駄な争いを避けるのは生きる上の知恵でしょ?

世間に波風立てるのが好きな人はいるけど、それはその人の何かの戦略なんだと思っている(ただの注目集めたいアホもいるかもしれないけども)。

自分の価値観だけで判断して、自分の理解できる範囲で自分の枠に収める人とは、えー、一定の距離を置きたいですな。

ほんでな。

誰かがしんどいことに共感はするけど、共有はしない。自分の生活を守る上で、当然やから。

それを冷たいと言った人がいるけど、何を勘違いしてるのやら。

一緒にしんどくなるのは優しさじゃない。
ただの弱さや。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。