常ではないから、受け取ってみる

明けましておめでとうございます。

毎年、年末年始は夫の実家で年越しをし、家族揃って新年を迎える我が家です。

しかし。
2017年は暮れの挨拶程度に実家へ帰省し、ユニバーサルスタジオジャパンのカウントダウンパーティーで年越しをしました。

この非日常の極まった空間で。
花火がどどんと上がるのを眺めながら。
月齢13.35の限りなく満月に近い月を見つつ。
冷たい空気の中で、見ず知らずのたくさんの人達と同じ空気を味わっている。

1年前の私はこの現実を、全く想像していませんでした。

11月にガラガラ抽選で、特賞のカウントダウンパーティーチケットを引き当てられた知人が、要らないからとくださったのがきっかけでした。

お正月はお節の用意をして迎えるもの。

小さい頃からの年の始めの行事は、絶対だと思っていたけれど。
こんなことって、もたらされたからこそ選択肢になったもの。

イレギュラーがあってもいい。

そんな気持ちで、寒空の花火を見ていました。

柔軟な思考で2018年を過ごしていけると、不思議な確信を持てた気がします。

今年も諸々、宜しくお願い致します。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【四柱推命では、2月立春より戊戌歳です。丁酉歳にやり残したこと・戊戌歳までに準備したいことなど、占ってみませんか?】

ちょっとそれなら気になるな、という方はお問い合わせくださいませ。

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。