講座やセミナーを含めイベントを主催するというのは、自分の持てる力を総動員する事だなと思う。
そこには、人と繋がる力や人を信頼する力、人と対話する力など、自分の力として人の力を借りられる何かも要る。

人に貢献するものを作り上げていくなら、足元の土台はしっかり見なくちゃね、とは思う。
時には、その土台が相応しくない場合もあるので。
土台を変えるのか乗せるものを変えるのかは、自分の心に素直になるのが一番いいのだろう。

いつまでも中止を視野に入れたままどうするかで悩まずに、言葉にしてみるのは大事だと思う。
どんな言葉にできるかって、口に出したり書いてみたりで、初めてしっくりするかどうかが分かる。
自分が納得する言葉に出会わないと、伝える事は到底できないものだ。

そして、言葉を発した時にフィードバックしてもらえる相手がいるのは、とても幸せな事。
主催する自分がリーダーで、いろんな最終決断をするものではあっても、いろんな意見に耳を傾け、どうすればより良いものを作れるかの軸がブレずに作っていけるかが、主催の力量で醍醐味でもある。

しんどい事、辛い事、悩む事が尽きなくても、それが楽しいって思えるくらい、バイタリティぐるぐるなのがいい。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【現状を把握して未来を創るお手伝いができる占い処・ひきだし亭です】

え?占いって当たるものじゃないの?なんて気になった方はお問い合わせくださいませ。