許さないという暴力を考えろ。

こういうタイトルのドラマがあったようです。
たまたまネットでタイトルだけを見かけたので、ドラマは既に終わっていました。

見たかったかというと、見なくてよかったというのが正直な気持ち。
タイトルだけでご飯おかわりできそうなくらい、いろんな探究ができますので。

まずパッと出てきたのは、「許したくなってからでええのんとちゃう?」です。

必ず許さなければならないっていうのもおかしいな、と。

許さない、許せない、許したくない。

そう思うことは、許されないことなのか?

私が許さないことをあなたが許さないの?それだって暴力ってことになるよね。

自分の気持ちに素直に向き合う時間は、誰も否定できないんじゃないか?

だから。
許したくなるまで、許さなくていい。

そう、思いました。
自分の気持ちに自分が寄り添い、自分の全てを許すこと。
そこから相手を許すかどうかに向き合わないと、ずっと同じところをぐるぐる回っていそうだから。

それからでもいいんじゃないかな、許さないと思う相手の気持ちを考えるのは。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【新春でざっくりしたテレビなどの占いをよく見かけますね。それらを十分うまく活用される方もいますが、より詳しく掘り下げられるのが個人セッションの占い。それができる占い処・ひきだし亭です】

気になった方はお問い合わせくださいませ。