年の変わり目に向けてこれからの時期、ちょいちょい開運法という言葉を目にすることが多くなります。

開運法って、文字通り運を開く方法な訳ですが、勘違いしてはいけない事があるんよね。

開運法だけやって一安心、手を広げて待っているだけじゃ、なんの変化も望めないよ!ということ。

運を開くっていうのは、自分が日頃から努力していたり意識して行動していたりするところへの、ブレイクスルーになるもの。

ここの捉え方で、開運法がとても役立つ人と全く効果を感じない人が出ます。

現実を見て、何をすべきかを捉えて、するべきことをすべからくやって、その上で開運法が活きる。

そんなの当たり前って思った人ほど、開運法が活きるってことです。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

メルマガを月の節入りより少し前に発行しています。
ご登録はこちら