振替口座は当座預金と言い換えているがしかし、の話

振替口座は当座預金と言い換えているがしかし、の話

ひきだし亭ではセッション料金のお振込みに、ゆうちょ銀行の「一般振替口座」で承っています。
ゆうちょ銀行以外の金融機関では「当座預金」と呼ばれている口座です。

ゆうちょ銀行間のお振込みの場合、記号(5桁のアラビア数字)・番号(7桁のアラビア数字)でできます。
他の金融機関からのお振込みの場合では、店名(3桁の漢数字)・預金種目(ひきだし亭は当座)・口座番号(7桁のアラビア数字)が必要になります。
ひきだし亭からのメールには、両方で振替口座をご案内しています。

先日(金曜でした)お客様から振り込みましたとのご一報があったのですが、いつもですと振込みがあった直後にゆうちょ銀行から来る入金連絡がありませんでした。
16時を過ぎていたので、金融機関の業務が終了しているし、処理に時間がかかっているのかもと翌日入金の確認をしてみたところ、入金されていませんでした。
振替口座は土日祝日でも入金があれば連絡が来ます。不思議に思ってお客様にお振込み口座の確認をお願いしたところ「当座」を「普通」でお振込みされていました。それでも振込みが完了していたのです。

口座番号が全く同じの総合口座(普通預金)が存在するの?しかも同じ「ひきだし亭」名義で?!
いや、そんなことはあり得ない筈……と思っても、確認をどこへすればいいのか分からず。ただ、「振替口座(当座)」へ振込みがされていないので、間違いなのは確かです。
ですが、どちらも「ひきだし亭」なことから、月曜まで待ってみて振り込まれていないことが確認できてから組戻し(間違った振込み先へ返金をお願いし、再振込みをしてもらう手続き)を依頼して頂くことにしました。

そして週明けの月曜。9時にいつもの入金連絡メールがあり、確認したら「振替口座(当座)」に振込まれていました。

・「ひきだし亭」名義で番号が同じの「普通預金(総合口座)」は存在しないのに、「当座」と「普通」を間違えても振込めてしまうこと
・ゆうちょ銀行からの入金連絡が営業時間通りでしかされないこと

など、おかしな事が重なったので、解明すべく最寄りのゆうちょ銀行へ直接聞きにいきました。
このような問合せの窓口が、電話もネットも無かったんです。

窓口担当の方へ大変ややこしい説明をなんとか理解してもらい、どこかへ問合せの電話をしてくださるも、明確な回答が得られませんでした。
ただいくつか推測できた事がありましたので整理してみます。

・ゆうちょ銀行として民営化されても「貯金(=預金)」「振替口座(=当座預金)」など呼び方は民営化前と同じで、他の金融機関とは呼び方が違っている
・他の金融機関とゆうちょ銀行でのやり取りの場合、ゆうちょ銀行が金融機関の表記に寄せている
・ゆうちょ銀行では記号の先頭の数字が1か0かで何の口座かが分かるので「当座」「普通」などの入力は本来必要がないが、ATMでの入力の便宜上付けることになっているので間違ったところで「数字が合っていれば」目的の振込先へ入金される
・なので、数字が正しかったから自動的に名義人(ひきだし亭)が出てきた
・ただし、振込みを受け付けた金融機関では「普通」となっていたので処理が通常営業時間内に行われた←当然ゆうちょ銀行側では入金連絡が入金されるまでできないので遅れた

こんなところでしょうか。
行き違いが起こる訳です。

土日の間、同じようなことで困った経験をした人がいるかをネットで検索していました。
某お悩み相談掲示板にちらほら似たようなケースがありました。古いものだと2016年。少なくともこの頃から全然改善されていないようです。

幸いお客様とは密に連絡を取り、お互い信頼関係ができていたので疑うことなく事は治りましたが、もし組戻しの手続きをしていたら今回では880円の手数料がかかってしまうところでした。これも金融機関によって手数料の額に幅があるんですよね……結構します。

ゆうちょ銀行の窓口の方には、今回の件ではゆうちょ銀行側へ伝えるのは筋違いかもしれないが、放置せずに他の金融機関へ周知するなり改善してもらえる様、お願いしました。
窓口の方も、個人的にモヤッとしますね〜お金のことですし……と理解してくださいました。

長々経緯を綴りましたが、ひきだし亭ではゆうちょ銀行は全国津々浦々にあるという理由で振替口座を作りました。
ゆうちょ銀行間では月5回までは振込み手数料無料ですので、ご利用ください。
あと、間違えないに越した事はないですが、「数字が合っていれば」当座を普通に間違えても「ひきだし亭」と出てきたら振り込めるみたいです!
もし間違えたけど振込めた時はその旨ご一報頂けると助かります、よろしくお願いします。