SNSでネガティブな投稿ばかりのアカウントを見かけると思うこと。
読んでいて気持ちのいいものではないから、基本的にはスルーなんやけど、そういうアカウントほど本音の塊で心からの吐露なんだろうなと思うことは多い。

勝手な想像やけど、実生活で本心を晒すことに抵抗がある人が、ネットという無限空間に吐き捨てているのかなと。

王様の耳はロバの耳という童話の、床屋が掘る穴。あれに似ている。
そこから葦が生えて拡散されてというのも、炎上に似たところあるし。

人の口にも戸は立てられへんけど、実生活で1人でもいいから顔を合わせて本心を話せる人がいるとええね。

それは、どれだけ信頼関係を築けるかやと思うし、それだけの関係を築けるなら、吐き出したいほど抱えているものも、そもそも増えることはないやろなぁ。

できないと決めていると、いつまでも信頼できる人は現れない。

傷付きたくない恐れも分かるけど、自分が心を開かなきゃ、相手が理解してくれることは可能性として低いやろうね。