占いを当たらない様に使うとは

占った結果が進むことに否定的なものだった時、どうするのが最適か。

全てにおいてこれが正しいとは、もちろん言えないけれども。

ダメかもしれないけど、可能性があるならばやってみる。

結構、できる。

これは、ダメかもしれないことに意識を向けて、例えば慎重な行動を考えたり、失敗した時のリスク回避を用意していたりするから。

可能な限りの手を打つことから生み出す安心感で、成功が導き出されることがあるって、きっと知っているんやね。

それで、やっぱり占いなんて当たらないと言う人もいるけど、それはどうかなって思う。

占いに、迷った時の判断を委ねる訳ではなく、考えるきっかけとして使う。

これが占いを上手に使うっていうこと。

できないだろう、なんて決め付けていたら、大体できない。

とことん考えるために、占いは選択肢を明確にすることに使える。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【メルマガ、ゆる〜く発行中】

毎月の節入り辺りの15時くらいに出しています。

その月がどんな月か。
影響を受けやすいタイプの人をピックアップして、どんな風に過ごすのがお勧め、あるいは注意することなどを書いています。

メルマガ購読のお申し込みは、こちらから

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。