第一印象と一口に言っても、見た目だけでなく第一声の雰囲気やまとう態度など複数を含んでいます。
その中でも、特に見た目(視覚情報)が与える影響は55%を占めるといわれています。
残り38%が話し方(聴覚情報)で、7%が話の内容(言語情報)なんだそう。
これはメラビアンの法則といいますが、コミュニケーション全般に当てはめるものではないそうで。

それはそうなんですよ。たとえばお見合いや合コン。
もちろん見た目を構わないで来た人はここでは除外しますが。
どんな態度を自分に向けてくれるかは大事なポイントですよね。
これ、自分自身は相手に対してどんな風に見られたいかを意識するので、視点の立ち位置が逆なんです。

相手に好印象を持ってもらいたいことを重視するなら、相手が何を求めているかを汲んで、相手を気遣うことを優先するといい訳です。
ただここで気を付けたいのは、気遣いが自分に身についた範囲でできることに限った方がいいこと。
当たり前なのですが、最初だけ気遣って続かないことをしてしまうと、印象が良くない方へ変わるから。

相手を気遣う態度は、日頃の視点の置き方が出る部分なので、視野を広く持つ心掛けが大事と言えます。
そうして気遣いが自然と身に付くと、相手からどう見られたいかを意識しなくても、好印象で見てもらいやすくなります。
立ち位置が自ずと一致するのですね。

ここまで読んで下さった方は、これが占いとどう関係するんだと思われたかもしれません。
ところが、大アリなんです。

四柱推命でその人を見ると、外へ与える印象と実際の考え方がどうなのか、ある程度分かるもので。
裏表のない人なのか、外面がよく内弁慶なのか、その逆も合ったりで。
そういう、自分が意識しないうちににじみ出る印象やコミュニケーションのクセに気付く手段としても、この占いは有効だと考えます。

テクニックなんて使わなくても、自分のクセを知れば対策は立てられますよね。
占いのこういった側面を、もっと活用してもらえればなぁと思っています。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【現状を把握して未来を創るお手伝いができる占い処・ひきだし亭です】

セッションメニューのご案内はこちら

セッションをすぐにお申し込みの場合はご予約フォーム