何か起こる時って、状況に対してもあれば体調に対してもある。
それは今日の易占みたいなざっくり占いだと、個々には言及できないけど、日々自分の観察をしていると「今日はこれだろうな」って気付ける人はいる。筈。
気付ける体質(感覚って体質の一つだと思っている)になると、生きるのは楽になるよね。
2019/12/26 Twitterにて

何でこんな事を呟いたかというと。

私は自分でかなりお節介な方だと思っていて。
だから毎日誰に頼まれた訳でもなく、無料で易占をツイートしているのはそのひとつだったりする。
いろんな思いがあって毎日続けているけれど、端から信じない人や受け取り拒否な人には届かない。
本当に必要な人ってどんな人だろうかと考えると、行き着くのはこういう人達だったりする。
端から信じない人って、目に見えるものやそこにあるものだけが真実だと思い込んでいる節がある。
受け取り拒否な人って、不信感の塊の様。

端から信じない人には、信じてほしい訳ではなくて、違う観点を持つってどういうことかを知ってほしい。
受け取り拒否な人には、救いたい訳ではなくて、誰かに差し伸べられた手を取る事で楽をしてもいいという自分への許しを作ってもいいんじゃない?と。
いろんな人を見てきたけど、この人達が一番生きにくそうにしていると感じてて。
川の様に言葉が流れていくTwitterに毎日放流していれば、ふと目に止まる事や心に引っかかる事があるかもしれない。
私が変えてやるなんて、おこがましい事はかけら程も思っていない。
けれども。
いくつもの観点を自由に設置できる人が増える事で、相手を思い遣ったり少しでも相手の立場を想像できる人が増えたらいいし。
ほんの少しでも助けになればと、勇気を出して差し伸べた手を振り払われなかったら、また次はもう少し助けになる事ができるかもと、自信を持つ人が増えたらいい。
そうして、世の中が誰にでも生きやすくなればいいんじゃないかと思っている。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【現状を把握して未来を創るお手伝いができる占い処・ひきだし亭です】

え?占いって当たるものじゃないの?なんて気になった方はお問い合わせくださいませ。
セッションメニューはこちら

すぐにでもという方は、こちらのご予約フォーム