占いに何を求めていますか?

安心感が欲しいあなたは、既に決めていることがある筈で、それに対して後押しの一言を求めていらっしゃると思います。

そこで、安心とは遠い・思っていたのとは違う一言を聞いた時、あなたはどうしますか?

・軸が揺らぎ、考え直す?

・慎重さが増し、気を付けながら一歩を踏み出す?

・安心感を得られるまで、他の占いに聞く?

前ふたつは、ありです。

軸がぶれるくらいの事は、元から考え直すのが結果として早いことが多いですよね。

そのままではなく、気を付けながらスタートさせるのも成長に繋がります。学びになりますからね。

気を付けることの中には、備えが含まれるものです。対策さえすれば、気掛かりは軽減されるか無くなるもの。

三つ目の、占い(に限らず自分が欲しい言葉を探し出すこと)を渡り歩くのは時間の無駄じゃないかなぁ。

このままの状態で進めば危険が見えているのに、耳当たりのいい言葉で後押しだけするのは、占いじゃないって思うんですよ。

未来が変えられるのは、現時点で何を選択するか、なので。

このままだと危険かも?と知ってなお、そのまま進めるのは勇気ではなく無謀な訳です。

自分の考えにそって進むと決めているなら、占いに安心感を求めてはいけないと思いますよ。

占いに聞くなら敢えて、何に気をつけるといいかと尋ねてみてください。

それで、何も心配はないとなれば安心できますから。

ただし。

不安だけを並べて、解決の方向性を示さない占いは、セカンドオピニオンとして他の占いに聞いてみてくださいね。

これは占い師の技量の問題ですし、あなたと占い師のミスマッチですから。

※ちなみに、ひきだし亭は「セッションで心掛けている2つのポイント」があります。