始末しいって、大阪弁なんやってね。
文字そのまま、初めから終わりまでって意味やけど。

関西の方が、始末に思い入れがあるのかもしれない。

たとえば。

無駄とは役に立たないこと。
でもね、それを決めるのは自分なんよね。

一見、無駄だと思うような事をするのって遠回りなことが多いんやけど、最短を選んで得られるのは少しの時間くらいなもので。

遠回りすればするほど、経験値は増える。

この経験は、その事を成すためには必要のないことかもしれん。
でも、経験そのものは無駄かというと、全然違うシーンで役に立つことがある。

経験は人の厚みだから。

もし無駄な事をしたと思ったなら、無駄にならないようにどこかで活かせば自分への駄賃になる。

何をやっても、無駄にしない。
是、始末のココロ。

始末って、終わり方の心得なんよね。