易占タロットなどのカードを使った占いをした時に、同じ人へ日を置いて占っても同じカードが来ることがあるの。

当然カードはしっかり混ざるようきっているし、枚数(易占タロットだと64枚)から考えても確率はかなり低い筈なのに、です。

この場合、ご本人がそのカードの示していることをスルーしている、つまり見てみないふりをしていないか?と捉えられるのね。

お悩み継続中で、問題への取り組みが甘かったり見当違いなことをしている時もそう。

そうとちゃうねん、もう一回よく考えてみてや!ってことですな。

あと、占い師の立場から見ると、読み方を変えてみる(言葉の意味を別視点で捉えてみる)という場合もあります。

どちらにしても、お悩みの原点に返ってみたら?ってことかな。

不思議なようで、不思議じゃないね。