有ることだけで考えよう

有ること、無いこと。

どれだけこの区別をつけられているか、日頃から意識している?

有ることとは、事実。実際に起こったこと。
無いこととは、虚構。うそというよりは、勝手な想像とした方が分かりやすい。

例えば。
「Aだったから、Bに違いない。」
このAは事実でBは思い込み。

有ること無いこと言う人っていうのは、こういう事を日常的に話す人のこと。

こういう人は、信用できるか?私ならしない。

たまにね、芸能人とかコメンテイターとかでもいる。
テレビなんかでこういう表現をよく使うと、井戸端ならばただの噂話で済むものが、伝達でさも事実であるかの様に変化していったり。

このタイプは自己満足で発言して、無責任で考え無しだと思うことにしている。

井戸端でうっかりこんな話を聞いてしまった時は災難だ。
下手をすると、自分まで同意していたと他で言い振らされ兼ねない。

できる限り、近付かないことに越したことはない。
自分の誠実さは、自分で守らなきゃね。

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【メルマガ、ゆる〜く発行中】

毎月の節入り辺りの15時くらいに出しています。

その月がどんな月か。
影響を受けやすいタイプの人をピックアップして、どんな風に過ごすのがお勧め、あるいは注意することなどを書いています。

メルマガ購読のお申し込みは、こちらから

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。