名付けで何を大切にしたいか

子どもが生まれたら必ずすることのひとつに、名付けがあります。
生まれるまでに、いろいろ調べていくつか用意される方もいれば、生まれた子の顔を見てひらめきで付けられる方もいて、様々ですね。

さて、ひらがなの柔らかな見た目で付けられることもありますが、多くは漢字を使われると思います。
そして、読み方についてですが。
人名は使える漢字・文字は法律で決められていますが、読み方についての規定はありません。

極端な話、天馬と書いてペガサスとか、黄熊と書いてぷうとか読ませているキラキラネームも受理されています。

基本的に、その漢字が本来どう読まれているかを踏まえ、説明しなくても世間の人にすんなり読んでもらえる読み方にするのが、将来子どもが苦労をしなくて済むのではないかというのが一般論です。

使いたい漢字と呼びたい響きが違う時、どちらを優先させるかに悩まれる方は多いですね。

そこへ画数もとなると、選択肢がぐっと狭くなるから選びやすくなるかと思いきや、迷ってしまってなかなか決められないことも。

思い入れがあって、子どもをこんな名前で呼びたいと思う親の想いに重点を置くか?
子どもが健やかに幸せに育ってほしいと願う気持ちを、漢字の意味や画数に込めることに重点を置くか?

どちらも親の想いであり、子どもへの初めてのプレゼントが名前だと思います。

ご夫婦で、どちらを優先させたいかを話し合われて、最良の選択をされるのがいいなと思います。

ちなみに。
時々名付けのご依頼を頂きますが、初めてのご依頼が名付けの場合はお断りしています。
理由はありますが、長くなるので省略!

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

【現状を把握して未来を創るお手伝いができる占い処・ひきだし亭です】

え?占いって当たるものじゃないの?なんて気になった方はお問い合わせくださいませ。

すぐにでもという方は、こちらのご予約フォーム

・*・-・*・-・*・-・*・-・*・

‪占いではない「内観サポートセッション」ができました。‬

‪占った後に目標実現へと行動していて、これで大丈夫かなと思った事はないですか?
そんな方や、占っていなくても現状確認と方向性の再設定をする為の、内観をするセッションです。‬

投稿者について

山紫sanshi

漫談占い師。私が占うともれなく笑いが起こります。
主な占術は四柱推命、九星気学、易占タロット。
占いは実生活で使ってナンボやと思います。
当たるかどうかじゃなく、望む未来に向かうための知恵として活用してほしい……そんな願いを込めて、時に笑ってもらえる占いを提供しています。